機動戦士ガンダムSEEDDESTINYの改変小説淡々と連載中。感想、ご意見お待ちしております。
http://yuri67tuki75.blog41.fc2.com/

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2 managemented FC2 managemented
<<スターゲイザーのプロモ | 新約 DESTINY  | 第33話 ラクス救出>>
この記事のコメント
no.87:
遅くなりましたが、纏まりがない文章にまじめに返信してくれてどうもです。
小説というより原作批判が主だったので、あまり気にしないで書いてください…。

SEEDの物語の構図は言われると確かによかったですね。
SEEDの時は主役を中心に置いた上で、話を進めていたからでしょうか。
ところで、シンが主役として不適切だったとか言う批判もありますが
それだけは違うかと思います。
SEED時の戦争で家族を失い、自ら軍へ志願した気の強い少年が不適切と言われても、それならどんな主役ならいいのやらと…(活躍や視点は散々でしたが、それでも話の軸に居たのは彼だったと思いますし)
続編の失敗は主役を蔑ろにしたのが大きいですね。
2006-06-14 Wed 20:00 | URL | ロン #cBf5TsJs[ 内容変更]
no.88:
コメントありがとうございます。

こちらこそ、本当にまとまりのない文章ですいません。よろしくお付き合い頂けたらと……。

私も、DESTINYからシンを抜いたら何が残るのかと、思ってしまいます。たぶん、更にすかすかの物語になったのではないでしょうか?

 しかし、製作陣も当初からシンをキャストの三番目に落とすつもりでいたとはおもえないのですが シンが人気が出て、活躍させて欲しいという声が大きかった場合、どんな物語を作るつもりでいたのかが、まるで想像がつきません……。
主役らしい関係性とか、設定とかをもっとシンにあたえてほしかったなぁ。ステラとの関係も話数的に短かった気がします。(21話~30話。1話は、21話であったとき、回想されてなかったので、あえて、カウントしません)



2006-06-16 Fri 02:05 | URL | ゆりつき #VwWRwSIk[ 内容変更]
no.89:
お疲れ様です。


シンを始め新キャラたちは掘り下げればまだいっぱい設定とかつけられたとは思うのですが、個人的には『ミネルバ』と『アークエンジェル』の二つの艦にスポットが行ったり来たりだったのが、問題だったのではないかなと思います。
後はこの二艦はけっして共闘とかしなさそうなポジションに追い込まれたのも原因かと。

そして、明確な悪が分かり辛いのも、終わった後の爽快感がない原因の気がします。

キャラクター、MS他設定などは魅力的ですが、素材を活かしきれなかった。私はシリーズ通してそんな印象を持ちました。

稚拙な文章なれど参考になれば、と思います。
2006-06-17 Sat 13:19 | URL | ともずみ #-[ 内容変更]
no.90:
 私が見るところシンが出てきた本質的なところというのは作品の対象年齢に連動していると考えます。つまり、SEEDの対象年齢が上がりすぎたのではないかという仮定です。実際、対象年齢というのはテレビでのアニメーションや特撮作品では重要になるファクターで商品の売り上げに直結する要素です。
 インパルスにしてもストライクに比較して、明らかにギミックが多いので低年齢層を引き付ける要素を付加する要請がスポンサーからあったのは明らかです。恐らく、序盤の状況を見る限り単純に見えるシンの導入はそういった要因だろうと思います。
 では、なぜ、シンが不適切になったのか、一つの遠因はインパルスの売れ行き不振があるのではと考えます。どうやら、ザクの方が売り上げが上だったようです。その主因があるとすれば、ギミックを別にすればストライクとプロポーションに差が少ないということが挙げられると思います。
 実際、テレビアニメーションではスポンサーサイドは相当な影響力があります。たとえば、聖戦士ダンバインで作品の世界観と明らかに不釣合いな新主役メカ ビルバインが導入されたのは明らかにスポンサーの意向でしょう。
2006-06-18 Sun 14:01 | URL | G.O.R.N #OHfIv/fY[ 内容変更]
no.91:
>ともずみさん

コメントありがとうございます!
>お疲れ様です
って、ばれましたかーーー!
実際、疲れてるんです……。小説ももっとたくさん書きたいのに、まったく時間が取れなくて泣きそうです。

 「ミネルバ」と「アークエンジェル」にスポットが行ったりきたりしたことは、私は悪いことだとは思いません。両者の正義を戦わせ、先が読めない展開を繰る広げることができると思うからです。(銀英伝《←最近毒されすぎ》を読んでいただければ、共感していただけるかなと思います。)
ただ、この行ったり来たりで面白いものをつくるというのは、作り手の技術力がとても要求されるものだと思うのです。
 きっちり登場人物の正義を視聴者にわかってもらえるよう描写することが肝心なのに、どちらの陣営も描写不足に陥ってしまっていたし、AA側は、妙に緊迫感にかけていて、こっちは負けないんだろうな~と思えてしまう描かれ方でした。

明確な悪は、まあ、ありすぎても子供向けかと非難されそうな気もしますが、物語の落としどころとして、必要だったと思います。最終回の戦闘は、なんだか盛り上がりに欠けましたからね。

参考にさせていただきます~。
2006-06-19 Mon 01:08 | URL | ゆりつき #-[ 内容変更]
no.92:
>G.O.R.Nさん
コメントありがとうございます!

スポンサーの意向というと、どうやらシンを主役にと押したのも、スポンサーの意向だったと聞いたことがあります。

DESTINYの序盤を見るにつけ、製作陣は当初アスランを主役に立てて物語を展開させる予定だったのではと勘ぐっております。なりゆきでMSに乗って戦うことになるという歴代の主人公の条件を満たしているし……。
そして、ザフトに戻ったアスランvsオーブのキラ
結局共闘して、議長を倒す。というSEEDの二番煎じのような物語を考えていたのではないでしょうか。
しかし、スポンサー側が商品展開上目新しさが欲しいという意見が出て、急遽シンという主人公が立てられたのではと思っています。
 でなければ、あの設定等の手抜きっぷりは納得できません。

インパルスは、三形態に分散して売らなければならなかったというハンデも大きかった気がします。
 ただの換装ならば一セットで売れたのに、PS装甲の色変わりがあるために、三セット分必要になってしまったので……。あと、つくりになんらかの不備があったとか何とか……、顔がよくなかったんでしたっけ?
このへんは小耳に挟んだ程度なので詳しくはわかりませんが。
2006-06-19 Mon 01:30 | URL | ゆりつき #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
no.13:SEED DESTINY ALTERNATIVE更新中
SEED DESTINY ALTERNATIVE更新中、といっても第1話から見直し更新。ここはもっと強調すべきかな、というところのフォントを弄くってみました。第1話の見所は、シンとルナマリア、シンと …
2006-06-17 Sat 13:11 根無草の徒然草
| 新約 DESTINY  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。