機動戦士ガンダムSEEDDESTINYの改変小説淡々と連載中。感想、ご意見お待ちしております。
http://yuri67tuki75.blog41.fc2.com/

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2 managemented FC2 managemented
<<ほんのたわごと5~ 設定を考える~ | 新約 DESTINY  | 「ガンダムSEED STERGAZER」について>>
この記事のコメント
no.22:
21話の後半。
しかし、シンとアスランは、議長に代表がかわりオーブ軍が出撃し手いることについて聞かされ、動揺する。
コンサートが行われているそのとき、シンはひとり海岸へとバイクを走らせていた。そのときのシンの脳裏には、昔、マユと海岸での思い出があった。
 一方、アスランも、カガリとオーブの動向を調べるべく自室へと引きこもる。

 ちょうどそのころ、ネオ隊は、ネオが不在であり、ステラらが留守番をしていた。
 この前のルナマリア釈放の経緯を詳しく聞かされていなかったアウルやスティングはステラが誤って逃がしたのではと疑惑を抱いていた。そのことをつめよられたステラは、そのことに傷つき、ひとり艦を抜け出して、シンとおなじ海岸へと向かっていた。

2006-03-28 Tue 21:28 | URL | ゆりつき #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 新約 DESTINY  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。